二村産業について

About us

代表あいさつ

大切な地球を、
豊かなままに次世代に託すために。

水、大気、樹木などの自然は、今、壊れつつあります。それは技術革新の「副作用」であり、副作用は「20世紀の副産物」です。現代を生きる私たちは、その技術革新と副産物を、20世紀から21世紀へ継承しています。
このまま何もしなければ、壊れつつある環境が回復する望みは少ないでしょう。そこで私たち二村産業株式会社は、22世紀を生きる子孫のことを考えました。自然環境の保護・再生は、その命題の一つです。
微力ではありますが、ドラム缶等容器の再生・中古ドラム缶のリサイクルなどの、省資源問題に携わる企業として、私たちはその命題に取り組んでいます。
環境保全、品質向上を常に追求し「大切な地球を、豊かなまま、次世代へ託す」という目標の実現を、目指します。
前述した諸問題を通じて社会に貢献できることは、私たちの誇りです。誇りを胸に、これからも日々のリサイクル業務と取扱商品の品質向上に努めます。
今、私たちが、できることを、これからも確実に、精一杯取り組んでいきます。

二村産業株式会社 代表取締役 二村憲

会社概要

  • 会社名
    二村産業株式会社(ふたむらさんぎょうかぶしきがいしゃ)
  • 設立
    昭和25年3月
  • 資本金
    1,800万円
  • 所在地
    〒454-0807 愛知県名古屋市中川区愛知町41-36
    電話:052-353-7724 FAX:052-351-7720
    近畿日本鉄道名古屋線「黄金駅」より徒歩5分
  • 代表者
    代表取締役 二村 憲
  • 営業内容
    • ・新ドラム缶及び、更生ドラム缶の売買ならびに、各種ドラム缶の修理更生
    • ・そのほか各種容器の製造販売
    • ・不動産の売買、賃貸借及び管理
    • ・総合サニタリー商品の販売
  • 主要取引銀行
    • ・愛知銀行
    • ・東京三菱UFJ銀行
    • ・名古屋銀行
    • ・北陸銀行

沿革

  • 昭和25年3月
    愛知県名古屋市中川区福住町に18リットル缶洗浄及び、ドラム缶回収業
    二村容器創業 代表 二村 義量
  • 昭和30年1月
    二村容器合資会社設立
  • 昭和35年1月
    名古屋市中川区百船町にドラム缶倉庫新設
  • 昭和49年4月
    名古屋市港区東海通りにドラム缶倉庫新設
  • 昭和63年4月
    二村産業合資会社に商号変更し、不動産業開始
    洗浄設備導入
    名古屋市中川区愛知町(現所在地)に18リットル缶・ドラム缶洗浄
    修理更生及び回収業 二村容器有限会社設立
    代表取締役 二村 義成
  • 平成2年4月
    代表取締役 二村 憲  就任
  • 平成3年3月
    二村産業合資会社を合資会社ヨシカズに商号変更
  • 平成5年12月
    二村容器有限会社より二村産業株式会社へ組織変更
  • 平成6年3月
    コンビニエンスストア サンエブリー豊成団地店 出店
  • 平成6年3月
    二村産業株式会社と合資会社ヨシカズを合併
  • 平成7年3月
    一般定期借地権付分譲マンション販売開始
  • 平成10年4月
    名古屋市中川区清川町にドラム缶倉庫新設
  • 平成11年6月
    サンエブリー豊成団地店をデイリーヤマザキ豊成団地店に商号変更
  • 平成11年7月
    有限会社セイケンコーポレーション設立
    代表取締役 二村 憲  就任
  • 平成16年7月
    愛知郡東郷町にて東郷工場稼動
  • 平成21年12月
    三重県四日市市に四日市営業所開設
  • 平成31年12月
    二村産業株式会社本社工場 隣地に入出庫倉庫 事務所新設

GROUP COMPANY

太洋油化工業有限会社(グループ企業)

ドラム缶の収集・運搬から再生処理、廃棄に至るまで、
製品のライフサイクル全般に関わることで、
地球環境や資源問題に一石を投じることのできる存在になれるよう、
日々、環境保護と品質向上に努めております。