再生・リサイクルについて

Recycling

お客様からご好評いただいている新品のような「再生ドラム缶」。
各工程ごと、手間と時間を惜しまない、当社のこだわりです。

当社の再生ドラム缶は、よく「新品同様」とお客様に評価されます。
私たちは、ドラム缶を再生するにあたり三度に渡る洗浄・徹底的な検査を工程ごとに何度も行い、丁寧に整形しています。
このページでは、そのプロセスをご紹介いたします。

  • 再生ドラム缶採用への厳しい選定

    お客様から回収したドラム缶を、一つ一つ格付選別します。穴や傷・へこみはないか確認し再生に向けて選定いたします。
  • 見た目にも美しい
    合格基準の高い整形技術

    • ・ドラム缶の上下巻締め部分を抑えて、修正。
    • ・ドラム缶の天地板を抑えてから、圧縮空気を注入して胴体の凹凸を修正します。
  • 手間と時間を惜しまない
    徹底した洗浄工程

    • ・ライン投入前に噴射洗浄を行います。
    • ・ドラム缶の中にチェーンを入れて、ドラム缶を回転させながら、油・サビを落とします。
    • ・ドラム缶内部に洗剤を高圧噴射してから、水洗いします。
    • ※アルカリ洗浄4回・水洗い2回・必要に応じて、防錆剤1回
  • 各工程で行われる内部点検・検査

    • ・ドラム缶の大栓の中に電球を入れ、ドラム缶内の油・サビ・水分等の状態を検査し、選別します。
    • ・加圧式による方法で漏れを検査します。
    • ・ドラム缶内部の最終検査では、内部の裏側もカメラにて検査。

ドラム缶再生工程

    1. ドラム缶の選別

      回収したドラム缶を、格付選別します。

    2. 残液抜き取り

      ドラム缶内の残液を、バキュームで抜き取ります。

    3. 前洗浄

      ライン投入前に噴射洗浄を行います。

    1. チャイム整型

      ドラム缶の上下巻締め部分を抑えて、修正します。

    2. 胴整形

      ドラム缶の天地板を抑えてから、圧縮空気を注入して胴体の凹凸を修正します。

    3. 内部洗浄/チェーン洗浄

      ドラム缶の中にチェーンを入れて、ドラム缶を回転させながら、油・サビを落とします。

    1. 内部洗浄/噴射洗浄

      ドラム缶内部に洗剤を高圧噴射してから、水洗いします。
      ※アルカリ洗浄4回・水洗い2回・必要に応じて、防錆剤1回

    2. 内部乾燥

      高熱の蒸気を注入してから、熱風とバキュームでドラム缶の内部を乾燥させます。

    3. 一次内部検査

      ドラム缶の大栓の中に電球を入れ、ドラム缶内の油・サビ・水分等の状態を検査し、選別します。

    1. ショットブラスト

      ドラム缶外部の塗装を、0.8ミリの鉄球を用いて剥離します。

    2. 外部塗装(自動塗装・手動塗装)

      ドラム缶外部を、指定色に塗装します。

    3. マーキング

      お客様指定のマークがある場合は、マークします。

    1. 内部換気

      口金からドライエアーを入れる方法で、ドラム缶の中の湿った空気を入れ替えることにより、結露や水分、後錆等を防ぎます。

    2. 漏れ検査

      減圧式または加圧式による方法で漏れを検査します。

    3. 二次内部検査

      ドラム缶内部の最終検査を行います。内部の裏側もカメラにて検査します。

    1. 口金装着

      ドラム缶にお客様の指定の口金を装着します。

    2. 保管及び出荷

      完成したドラム缶を、お客様の指定日にお届けします。